top of page

エモール - 冒涜の禁止

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回はパラシャット・エモールです。


このトーラー部分は、ノアの重要な戒律の 1つに関連する物語をもたらします。イスラエル人の女性の息子であり、エジプト人男性の息子でもあった男性が、宿営内でイスラエル人男性と衝突しました。その結果、彼は非常に怒り、ネ’申の御名を冒涜しました。それから主はモーセに具体的な指示を与えました。呪った者は宿営の外に連れ出されるということでした。最後に彼は石で打ち殺されました。モーセは、ネ’申を呪う者は死刑に処されると警告しています。(レビ記 24:10-17)。


冒涜とは、ノアの法廷においても裁判官に対して侮辱したり、軽蔑したり、敬意を欠く行為を指します。怒りや傲慢さは、冒涜とみなされる行動や言葉につながる可能性があります。たとえば、誰かが怒りに任せて、ネ’申に対して失礼な言葉を発するかもしれません。傲慢さによって、不名誉となる可能性のある主張や発言を個人がする可能性があります。聖書は、冒涜につながる可能性のある怒りや中傷などの行為をしてはならないと教えています。言葉を守ることは非常に重要です。箴言 13章 3節は、「口を守る者は自分の命を守る」とアドバイスしています。


冒涜の罪は、発言だけで犯罪行為とみなされるため、行為がなくても発言だけで死刑の可能性があります。非ユダヤ人はネ’申を畏れ敬うように命じられています。

冒涜が禁止される主な理由は、ネ’申を敬い、神を畏れる義務です。


無神論や共産主義など、ある種の冒涜を表現する反宗教イデオロギーもいくつかあります。彼らは万物の創造主への信仰を批判したり嘲笑したりするかもしれません。いくつかの哲学もそのように考えられています。

ネ’申の聖なる御名の完全性は、アマレクが根絶され、ネ’申す存在が完全に明らかにされるとき、贖い出しの時に現れるでしょう。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page