top of page

コラハ: モーセの予言に異議を唱える

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズ、今回は、今週のパラシャ―、パラシャット・コラハについてです。


コラハのトーラー部分は、ネ’申に任命された指導者に反対することの結果について強力な教訓を与えています。コラハは支持者とともに、モーセとアーロンの権威に疑問を呈し、指導者としての彼らの地位を奪おうとします。この反乱は単なる政治的策略ではなく、ネ’申の秩序とネ’申に選ばれた指導者に対する根本的な挑戦です。

モーセとアーロンのリーダーシップは、団結を維持し、人々をネ’申の使命に導くことを目指していました。この物語は、団結の価値と内部の争いや衝突の危険性を強調しています。


コラハの挑戦は、モーセとアーロン個人に対するものではなく、ネ’申の権威と決定に対するものでした。この反乱は、ネ’申の選択に対する信仰の欠如と、確立されたネ’申の秩序を混乱させたいという願望を示しました。これは、ネ’申に任命された指導者を尊重し受け入れることの重要性を教えてくれます。


コラハとその追随者たちが受けた厳しい結果は、ネ’申の意志に逆らうことの重大さを浮き彫りにしています。彼らの劇的な罰は、イスラエルの民、そして実際には全人類に対して、ネ’申の計画と真の預言者に従うことと信じることの重要性についての明確なメッセージとなりました。


私たちの世代では、ルバビッチ派のレッベに代表される私たちの世代の神聖で預言的なリーダーシップを尊重することで、この教訓を適用できます。ネ’申の原則に従って行動するリーダーの権威を認めることは非常に重要です。権威がしばしば疑問視される世界では、ネ’申の7つのノアの法に沿った指針に従うことが重要です。これらの教訓は時代を超越しており、私たちの世代に当てはまり、私たちがすでに経験しているメシア時代の始まりにどのように取り組むべきかについて導いてくれます。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

Comments


bottom of page