top of page

シェモット: ネ’申への全幅の信頼は、個人的および一般的な贖い出しを早めるでしょう

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・シェモットに関してです。


このトーラー部分は、モーセがユダヤ人を救うためにエジプト人を殺したということをファラオがどのように明らかにしたかを教えてくれます(出エジプト記 2:15)。 モーセはファラオがそれを知っていたと知って恐れました。そしてファラオは彼を殺そうとしました。そこでモーセはエジプトからシナイ砂漠へ逃げました。彼はネ’申の加護に頼るべきでしたが、ネ’申の摂理を疑ったことでその加護を失いました。 モーセが恐れを抱かず、その恐れを表明しなかったら、何も起こらなかったでしょう。しかしモーセが恐れていたので、彼はその恐れが現実化する余地を与えてしまいました。

同様に、私たちが神聖な使命を遂行する際に困難に遭遇したとき、ネ’申が助けてくれるという信頼を置くことで、ネ’申の助けを引き寄せることができることを知るべきです。 ネ’申に従うことに対する完全な信頼は、私たちの生活において非常に重要です。そうは言っても、ネ’申の助けを確信しているからといって、問題を回避したり解決したりするために必要なことをすべきではないという意味ではありません。それは、私たちの努力が成功するために ネ’申を信頼すべきだということを意味するだけです。

イスラエルの地での戦争により、ユダヤ人全体が危機を経験しています。世界中でユダヤ人に対する二重基準である反ユダヤ主義が台頭しているのは誰の目にも明らかです。しかし、心配する必要はありません。このプロセスは私たちの賢人によって予見されていました。いくつかのカバラ出典は、贖い出しが近づくと多くの国がユダヤ人に挑戦するだろうと述べています。ただし、これは良い兆候です。その理由は、日の出前に暗くなりつつあるということです。完全な贖い出しの前に、霊的な闇が存在するかもしれません。モシアハの王権(訳補:の時代)への被造物の最終段階の昇格が目前に迫っており、これはネ’申に対する私たちの信頼を強化し、私たちの恐怖を無効にするはずです。 私たちはただ、ドアを開け、マインドセットを変え、それを受け入れなければならないだけです。

トーラーは、ユダヤ人がネ’申を信頼したためにエジプトから解放されたと教えています。同様に、ネ’申が私たちを現在の離散状態から連れ出してくれるという私たちの全幅の信頼は、贖い出しをより早くもたらすでしょう。ノアの 7 つの法を遵守は確実に、全世界に早く救済をもたらす可能性があることの 1つです。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page