top of page

シュラハ - その世代の預言者への完全な信頼

トーラーの「シュラハ」の部分では、トーラーの朗読とハフタラ、つまり預言の朗読との間に際立った対照が見られます。トーラーの部分では、モーセによって派遣された斥候がイスラエルの民のところに戻り、イスラエルの地を征服するのはその住民の強さと数からして不可能だと主張して落胆させる報告をします。この報告はイスラエルの人々の士気をくじきます。


対照的に、このハフタラ、つまり預言の朗読では、2 人のスパイ、カレブとヨシュアの任務が描かれています。彼らは大きな困難に直面しながらも、励みになる報告を持って戻ってきます。イェリコの王に追われて隠れることを余儀なくされましたが、それでも彼らは前向きなメッセージを伝え、イスラエルの民がイスラエルの地を征服できると信じていました。


ここで疑問が浮かびます。なぜこの 2 つの朗読の間にこのような対照があるのでしょうか​​。その違いは彼らの考え方にあります。モーセが派遣した斥候たちは、自分たちの知性と状況判断に大きく依存していましたが、このハフタラに登場するカレブとヨシュアの二人の斥候は、モーセとそのリーダーシップに強い信頼を寄せていました。


これが結果の違いを説明しています。これらの対照的な物語は、信仰と信頼の重要性を強調しています。困難に直面したとき、たとえ論理的推測が落胆させてくるように見えても、信仰は私たちに力を与えてくれます。このハフタラは、成功は状況だけでなく、私たちの視点、特にあらゆる世代のイスラエルの人々を導いてきたモーセのリーダーシップに対する私たちの完全な信頼にもかかっていることを強調しています。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。



0件のコメント

Comments


bottom of page