top of page

ナソ - 誓いと誓約。

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズ、今回は、今週のパラシャ―、パラシャット・ナソについてです。

パラシャ―・ナソの部分のトーラーは、誓いと誓約に関する法律を扱っています。誓いにおける誠実さという根本原則は、ノアの子らがネ’申を冒涜することを禁止されていることとより広範に関連しています。


この部分(民数記 5:5–10)では、偽りの誓いの禁止について論じられており、偽りの誓いを立てたり、欺瞞的な行動をとったりする人に対する法を説明しています。ノアの子が冒涜を行うことの禁止は、ネ’申の名を尊重すること(マイモニデス, Kings 9:1)と個人の誠実さと関連しています。


これは、ネ’申が全人類に与えた普遍的な戒律であるノアの七つの法の教えに根ざしています。偽りの誓いを立てることと約束を破ることは、どちらもノアの法の核心である社会的信頼と正義を損なうものです。トーラーは偽りの誓いを立てることの重大さを強調しています。自分の誓約や約束を守ることは、誠実さの基本的な側面です。ノアの子らにとっても、ユダヤ人にとっても、この原則はトーラの誠実さと正義の価値観と一致しています。


ノアの子は、偽りの誓いをせず、約束を守ることを約束する人です。この約束は、ノアの七つの法から派生した普遍的な倫理原則と、パラシャ―・ナソの部分のトーラーにある教えに直接結びついています。どちらも誠実さと正義の重要性を強調し、ノアの子らを導く道徳的枠組みを強化し、トーラのより広範な価値観と一致しています。


私たちは特別な時代にあり、メシアによる贖い出しに近づいているため、道徳的行動とメシアの時代の到来を促進することができるノア派の七つの法の道徳的指針を適用することがいかに重要であるかがわかります。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

Comments


bottom of page