top of page

ノアの七つの法に従えば都市は救われるかもしれない。

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズ、今回は今週のパラシャ、パラシャット・ヴァイェイラです。



今週のパラシャ、ヴァイェイラでは、非常に邪悪になったため滅ぼされたソドムとその近隣の住民について学びます。 トーラーは、彼らが「ネ’申に対して非常に邪悪で罪深」かったと述べています。 しかし、ソドムとその近隣諸国の邪悪さは、ノアの洪水に対する誤った過剰反応でした。 洪水世代が絶滅した主な理由は、彼らが強盗、つまり一人の人の財産を力ずくで奪うことを実践し、それを許したためです。 このことに気づいていたソドムの住民は、絶対的な私有財産権を宣言し、これは慈善活動やホスピタリティを非合法化することを意味しました。 彼らは、慈善やホスピタリティを、他人の財産の不当な使用と見なしました。つまり、洪水の発生による罪を、まったく逆の極端なものとして捉えたのです。 他人の財産を完全に使用しないこと。 このことから、慈善、親切、ホスピタリティに対する彼らの邪悪さが生じました。


ソドムの人々は、その熱心さゆえに、この逆方向の過激主義が強盗と同じくらい破壊的なものであることに気づいていませんでした。 したがって、世界は親切な行為なしではネ’申の真の家であるという目的を達成できないため、彼らはネ’申の意図に反して行動しました。 したがって、洪水の発生と同じように、ソドムとその近隣諸国を排除する必要がありました。いずれにせよ、彼らの意図は正しいことをしたいという願望によって動機付けられていたため、トーラーはこれらの都市はメシアの時代に回復されると述べています。それは、モシアハが間もなく明らかにされるとき、ソドムとゴモラの都市もまた定住状態に戻ることを意味します。


ソドムとゴモラとノアの 7 つの法との関係は、これらの法則がすべての人間に適用される普遍的な道徳原則であるということです。 これらの法の 1 つは、裁判所を設立し、私たちの世界で正義を確保することです。 あらゆる小さな正義の行為によって、私たちは世界に調和を取り戻します。したがって、私たちは社会の存在を維持するため、ノアの子らの七つの戒律を守らなければなりません。 一方で、ノアの子らの7つの法に極端に反した都市(ガザ都市に見られるような)は、ソドムとゴモラと同様の結果に陥る可能性があります。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page