top of page

ノアの子らの法廷による死刑は、個人を矯正するものでしょうか?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。


答えは、はい、です。なぜなら、それは魂を矯正し、償いの役割を果たすからです。しかし、私たちの理解力は限られており、全体像が見えないため、この真実を理解するのは難しいかもしれません。基本的に、罪を犯すということは、水が漏れない船に穴を開けるようなものです。罪人を許しすぎるということは、罪人によって苦しむ無実の人々に対して残酷であることを意味します。これが、ノアの法やトーラ全体に死刑が存在する理由の 1 つです。私たちは、天の裁きの深さを決して理解できません。しかし、死刑は、罪人の魂から霊的な汚れを洗い流し、魂を矯正するのに役立つかもしれません。


ネ’申は慈悲深く、罰は罪を矯正する方法です。復讐ではありません。時には全能のネ’申が、この特定の個人には悔い改めが起こらないと見て、その人にとってより良い選択は生まれ変わり、つまり二度目のチャンスを与えることかもしれないこと見ることは確かです。ですから、基本的に、死刑でさえ復讐ではなく、逆に、それは償いのもう一つの機会であり、おそらくもう一つの生まれ変わり(訳補:の機会)なのです。


これが、死刑が実際には罪人が自分自身に引き起こしたものである理由です。罪によっては霊的な活力が断たれ、それが罰につながります。ですから、死刑は、良い社会を望むなら罪を犯さないようにという警告として機能するべきです。社会が罪人に寛容すぎると、多くの重犯罪のせいで苦しむ無実の人々に対する残酷さを意味します。全体として、この罰は警告として機能し、重犯罪で苦しむかもしれない人々の命を守るものです。


贖い出しの時代には、誰もがネ’申を知ることに忙しく、したがって犯罪は非常にまれであり、ほとんどの場合、死刑は必要ありません。最も重要なことは、世界がハシェム(訳注:唯一神のこと)の神聖な知恵で満たされるということです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

Comments


bottom of page