top of page

ノアの子らはスッカーに座ることを許されていますか?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は、今週末始まるスコット(仮庵の祭)に関してです。


ノアの子らはスッカーに座ることを許されていますか?


仮庵の祭り(スコット祭)は、ネ’申の摂理の支持を示す重要なユダヤ教の祭りです。最後の預言者らの中で、ゼカリヤの預言には、モシアハの時代と仮庵の祭りで起こる出来事を中心に展開することがよくあります。


この預言はゼカリヤ書 14:16-17 に記されています。「そのとき、エルサレムに攻めてきたすべての国々から残った者は皆、王(訳注:創造主のこと)にひれ伏すために毎年上って行き、……そして仮庵の祭りを守るであろう。」 伝統的に、仮庵の祭りはユダヤ人の祭りです。しかし、預言によれば、メシアの時代には、すべての国々がエルサレムの第三聖神殿に焼き尽くすの捧げ物を持ってくるでしょう。


現在、ノアの子らの人々は、スッカーに座るという戒律を守る義務はありません。彼らはノアの七つの法以外に新しい宗教を創設することを禁じられているため、この祭りは彼らにとって宗教上の義務ではありません。今日、非ユダヤ人はこの戒律に拘束されていませんが、報いのためにスッカーに座ることを選択した場合は、そうすることができます。しかし、宗教的戒律としてはそうではありません。 (The Divine Code

3:3章)


ゼカリヤの預言は、過去のやり方を悔い改めた国々が毎年仮庵の祭りの期間にエルサレムに集まり、ネ’申を崇拝し、この祝日のお祝いに参加するだろうと述べています。この呼びかけに耳を傾けてエルサレムに来る国々は豊富な降雨に恵まれ、作物の肥沃さが確保されるでしょう。逆に、この命令を無視すると、雨が不足し、畑に影響を与えることになります。


この未来のビジョンでは、国々は紛争を脇に置いて、仮庵の祭りの祝日の崇拝と祝賀で団結します。それは世界の平和、統一、霊的な調和の未来をもたらします。これは王であるモシアハの指導の下でのみ実現できます。この予言の核心は、来たるべき贖い出しに関する巨大な啓示の舞台を整えることです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と、また、Redemptionを本和訳では「贖い出し」と訳しました。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page