top of page

ハイェイ・サラ: 人生の価値を神聖化する

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ハイェイ・サラに関してです。


このトーラーの部分は、アブラハムがどのようにしてサラのために泣き、彼女を悼むようになったのかを伝えています。(創世記 23:2)ゾハルによれば、サラは肉体を表し、アブラハムは魂を表します。アブラハムはサラの死を悼みます。魂も肉体の死に対して悲しみを感じます。


魂は自由を獲得しました。それは人間の器の物理的限界から逃れました。しかし今では、それは真にネ’申の存在に近づくことはできません。肉体があってこそ、トーラーとノアの 7 つの法によって、魂は命を創造し、他者を助け、混沌とした世界の暗闇を光に変えることができます。


魂は肉体を持った形でのみ、ノアの七つの法に従い、この行為の世界でその任務を達成することができます。魂は肉体に残りたいと望んでいます。なぜなら、肉体があって初めて、七つの戒律を通して、ネ’申の本質に触れることができるからです。それが地球上で定められたあらゆる戒律の重要性です。将来、死者の復活の際に、体と魂は再び統合されます。 永遠に。


ユダヤ教は死後の世界よりも現世の人生に重点を置いています。それは、人生の一瞬一瞬が貴重であり、義にかなった有意義な人生を送るためにはネ’申の戒律に従うべきであることを教えています。この視点は、混乱、死、恐怖を美化することを選択した人々とは反対です。


この物語は私たちに魂と肉体の関係を思い出させます。魂はネ’申とのつながりを求める一方で、ノアの七つの戒律の遵守し光を灯す使命を果たすために地上の器にも依存しています。贖い出しの時、ネ’申は悪を終わらせ、世界を再生します。


出典:Likutei Sichot, vol. 1


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

تعليقات


bottom of page