top of page

ハヌカ: 常に光を加える

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は現在ハヌカ祭期間中ですがハヌカに関してです。

ハヌカは闇に対する光の勝利を象徴しています。ろうそくに火を灯すという行為は特別な意味を持っています。なぜなら、その光がすぐに見えるということは、肉体の目には見えないトーラーに基づく他のミツヴァ(訳注:戒律)の霊的な明かりと対照をなすからです。しかし、ハヌカの燭台など、灯火に明かりをつけることを伴うミツヴァは、家の中に明白な光をもたらします。ハヌカの燭台は家の入り口の外に置かれ、その光が通行人にすぐに目につき、ユダヤ人以外の人でもロウソクが見えるように周囲を照らします。この目に見える光の現れは、すべてのユダヤ人の精神的な目覚めを引き起こし、ノアの子らに深いメッセージを伝えます。


1973年、イスラエルは近隣のアラブ軍の侵攻を受け、同様の暗黒時代に直面しました。国の存在と何百万ものユダヤ人の命が脅かされているように見えました。しかし、イスラエルは侵略者を撃退することに成功し、イスラエル国防軍はカイロから100キロメートル以内、ダマスカスから30キロメートル以内まで進軍し、奇跡的な逆転を果たしました。今日、イスラエルは新たな戦争に直面しており、同様の奇跡が期待されています。最前線のユダヤ人兵士たちはすでに多くの奇跡を経験しています。一年で最も喜ばしい日に始まったこの戦争は、イスラエルの中心であるエルサレムに聖なる神殿が位置しているため、イスラエルの地はネ’申に守られており、大勝利で終わることが期待されています。


神聖さに関して、私たちは常に下降するのではなく上昇したいと考えています。祝日の本質は、単なる要件を超えて行動することです。毎晩キャンドルを追加します。神聖さに関して、常に付け加えるべきです。これが、ネ’申に対する私たちの深い愛と、私たちに対するネ’申の計り知れない愛を反映して、光を加えながらメノラー(訳注:燭台)に火をつけることが慣習である理由です。同様に、ノアの 7つの法を遵守することは、単なる要件を超えて、愛からネ’申に奉仕する必要があります。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page