top of page

ベハール ―ゲル・トシャヴの受け入れ

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回はパラシャット・ベハールです。


このトーラー部分は、ノアの子らにも関連する非常に特別な戒律をもたらされています。 ヨベルは聖なる神殿の時代にのみ遵守されたもので、シェミタの7周期、合計49年(シェミタ7周期×各7年=49年)を経て、50年目がヨベルの年と呼ばれます。今年はその土地にとって休息の年でもありますが、さらに重要な意味があります。この年はその土地を耕作しないことが義務付けられています。それは生態系の休息と再生の年であり、土地が耕作からの休息を得るにもかかわらず、私たちが神聖な豊かさを得ることができると主に信じているものです。


非ユダヤ人もノアの子としてイスラエルの地に永住することができます。それはゲル・トシャヴと呼ばれ、そのようなノアの子は他の人と同様に公民権を持っています。そうは言っても、ゲル・トシャヴの受け入れはヨベルの年にのみ起こります。しかし、世界のどこにいてもノアの七戒を守る非ユダヤ人は、ハシェムの目には受け入れられます。


イスラエルの地および世界中に定住する非ユダヤ人は、ノアの法を受け入れるべきです。これもまた、この個人と世界中のすべての人類の利益のためです。トーラーには、イスラエルの土地は完全にユダヤ人に与えられ、他のいかなる国もこの土地の所有権を少しでも持っていないことが明確に述べられています。


誰もが、人生で蓄積した人間的な偏見や人間的な態度を持っています。 ある時点で、彼はそのような態度に対してネ’申の真理を持って異議を申し立てなければならないでしょう。そして魂の利益のために人生を選択することです。ほとんどの人が異なる教育を受けてきたため、理解するのは難しいかもしれません。それでも、ネ’申の意志と真実は私たちの善のために創造されました。魂がよい立場でいたいなら、この世界で自分の本当の役割を果たすことを選択するだけです。


ヨベルの年は、その土地が究極的にはネ’申のものであること、そしてネ’申が世界の絶対的な所有者であり、ネ’申がイスラエルの土地をユダヤ人に与えたことを思い出させるものです。ネ’申の知恵は究極の善であり、ネ’申に奉仕することを目的とした統一世界への鍵であるため、私たちは常にネ’申の知恵をより多く発見し、理解するよう努めるべきです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

Yorumlar


bottom of page