top of page

ペサハの8日目: モシアハの祝宴

ペサハの 8 日目は伝統的に、モシアハの到来に対する私たちの希望と結びついています。約250年前、バアル・シェム・トヴは、その日、モシアハのお祝いの食事の中にネ’申の特別な光が現れることを明らかにしました。

ラムバムの 13カ条の信仰原則の第 12 条は、「私はモシアハの到来を完全に信じています。たとえ彼が遅れても、私は毎日彼が来るのを待ちます。」です。すべての信者はこの原則を受け入れていますが、多くの人にとって、モシアハの概念は依然として抽象的なものです。モシアハのセウダ(訳注:祝宴)にあずかることは、この原則に対する私たちの信念を強化し、モシアハに対する私たちの意識を食事、つまりこの概念を私たちの日常生活に結び付ける身体的経験に変換します。

バアル・シェム・トヴがモシアハについての私たちの意識を物質的なものと結びつけたことは、私たちを贖い出しの時代の啓示に備えるものとして重要です。私たちの世代は、すべてのユダヤ人とノアの子らにモシアハのことを知らせる責任を負っています。一般的に、私たちは全世界がノアの法を受け入れる時が来るよう努力する必要があります。この時はそんなに遠くでありません。そして、新しい時代が始まります。死者の復活が。

死者の復活という報いはあまりにも並外れており、私たちはそのほんの一部さえ把握することができません。ユダヤ人も非ユダヤ人もこの報酬に値する必要があり、ネ’申の戒律を履行することでこの報酬を確かなものにすることができます。ただし、本当の慈悲の行為など、この報酬を受け取る資格のある善行が存在する可能性があります。これは男性にも女性にも当てはまります。したがって、この報いを受け取る資格がない人もいるかもしれませんが、並外れた善行のおかげで受け取れるかもしれません。

もっと善行を加えて、全世界にもっとネ’申の光をもたらしましょう。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page