top of page

ボー: 絶えることのない永遠の上昇

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ボーに関してです。


今週のパラシャでは、トーラーの最初のミツヴァ(訳注:戒律)について読みます。以前の戒律は個人に与えられました。例えば、アブラハムには割礼の戒律が与えられました。第一の戒律は、月の周期に従って時刻と日付を計算することです。月に従って時間を計算することには、多くの内面的な意味があります。時間は貴重であり、適切に使用しなければ、戻ってこない損失とみなされます。

しかし、月に従って時間を計算することには別の意味があります。月には満ち欠け、消滅、再生という段階があります。太陽は比較的一定しており、毎日変化しません。人はネ’申への崇拝において浮き沈みの間を揺れ動くかもしれませんが、それが彼を欺きます。彼はある種の霊的な激動の中にいます。これは、来るべき贖い出しにおける最終的かつ永遠の上昇まで浮き沈みを経験するモシアハ王の王権だけでなく、あらゆる個人にも当てはまります。

ここで、太陰暦は私たちに教訓を与えてくれます。月は消滅寸前まで沈んでいきます。しかし、衰退は誕生と同じくらい人生の一部です。衰退は消滅を意味するのではなく、再生を意味します。月のように、誰もが復活の力、つまり無限の創造主の無限の存在をあらゆる瞬間に再び生きる力、復活の力を持っています。それはノアの息子たちとユダヤ人のための最初のミツヴァの一部です。創造主の無限性を信じ、感じることです。

人の変化と成長の過程が月の満ち欠けに暗示されています。太陽の明るさは変わりません。変化し、進化し、成長し、新しくなる月には、常に生まれ変わる経験があります。これは一般の生活にも当てはまります。間もなく、私たちは皆、真の完全な贖い出しによる被造物全体の再生を経験することになります。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page