top of page

レフ・レハー - 捕虜の解放

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回はアブラム(アブラハム)が旅立つパラシャット・レフ・レハーです。


このトーラーの部分、レフ・レハーでは、悪の勢力から捕虜を解放する方法についての教訓を学ぶことができます。 ネ’申はアブラムに、父の家と故郷を離れ、イスラエルの地へ旅するように命じました。 ネ’申はアブラムを偉大な国の父祖にすることを約束しました。 アブラムがイスラエルの地に到着すると、ネ’申は彼に、最終的にはその土地を彼の子孫に与えると告げました。


しかし、ひどい飢饉がアブラムの旅を邪魔し、エジプトに避難せざるを得ませんでした。 妻サライの美しさのせいで命の危険を感じたアブラムは、彼女が妻ではなく妹であると主張させる計画を立てました。悲しいことに、サライは捕らえられ、エジプト王ファラオの前に連れて行かれました。 ネ’申はファラオの宮殿の人々を疫病で撃ち、これによりファラオはサライを解放しました。ファラオはアブラムとサライに贈り物と富を積み込み、彼らが自分の土地からでるようエスコートさせました。アブラムは捕虜全員とともにイスラエルの地に戻りました。


捕虜を解放するというこのテーマは、アブラムと一緒に旅したロトの物語の中に戻ってきました。ロトとソドムの住民たちは捕虜となり、アブラムは直ちに行動を起こすよう促されました。彼は彼らの救出のため少数の部隊を率い、捕虜全員を解放し、戦利品を取り戻しました。 この行為に応じて、ネ’申はアブラムと契約を結び、彼の子孫がイスラエルの土地を相続することを約束しました。


ノアの子らの基本的な戒律の 1 つは、盗みの禁止です。 非ユダヤ人は、それが土地であれ、人であれ、イスラエルの人々に属するその他のいかなる財産であれ、盗むことを完全に禁じられています。この戒律に違反すると、神罰が下される可能性があります。


これらの物語では、正義、正しさ、他人の財産と幸福への配慮というノアの子らの7 つの原則が強調されており、捕虜を解放し、これらの原則を守るという私たちの責任を思い出させる役割を果たしています。これは、これらの法の永続的な重要性と、イスラエルの人々と全人類にとって時代を超えた関連性を証明するものとなります。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page