top of page

ヴァイェツェイ: 神聖な真実を明らかにする

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ヴァイェツェイに関してです。


創世記の7番目のトーラー部分は、3番目の父祖ヤコブから始まります。彼はアラムで妻を見つけるためにカナンを去りました。彼はそこで結婚し、大家族の父親になります。20年後、義父のラバンがアラムから離れるのを阻止しようとするのを恐れ、彼は密かにアラムから逃れ、イスラエルの地を目指しました。しかし、ラバンが彼と戦うためにさまざまな策略を試みた後、彼らは和解し、ヤコブは感謝の気持ちでいっぱいになって聖地に到着します。


ネ’申により、ユダヤ人は、ネ’申からユダヤ人に約束された土地である聖地、つまり私たちの父祖の地で主権者として暮らすことができるようになりました。ユダヤ法はイスラエルの平和と安全に必要な基準を定めています;これらは軍事力と安全な国境という立場からのみ達成可能です。敵に土地を放棄することをただ話そうとする兆候だけでも、イスラエル内外でのテロリズムを助長するのは確実です。


これは非ユダヤ人にも当てはまります;イスラエルの領土をテロリストに放棄するよう積極的に発言したり要求したりすることは、彼らの地元国でのテロリズムを促進することになります。これは、ノアの子らがそのような行為に伴う窃盗を禁止されていることに加えてのものです。 反ユダヤ主義の台頭は、あらゆる仮面を引き剥がされることの表れです。メシアの時代の神聖な真実が明らかにされようとしています;したがって、世界中のテロ、反ユダヤ主義、暴力に代表される闇の勢力がこのプロセスに反対しようとしています。


闇は物や力ではありません;それは単に光がないだけです。したがって、非常に小さな光が部屋全体の暗闇を追い払います。同じことが善と悪にも当てはまります:悪は物や力ではなく、単に善の不在または隠されている状態にすぎません。人間の殺人、誘拐、人間を盗むことを否定するノアの七戒を守ることで光を加えれば、殺人や誘拐を美化する闇の勢力を排除できる可能性があります。


ネ’申は宇宙の創造主であり維持者であるため、人生で受け取る祝福や贈り物に感謝の意を表すのは適切です。さらに、ノアの子らにとって、日常生活の中で感謝の気持ちを養うことは論理的な義務です。感謝はストレスや不安を軽減するのにも役立ちます。私たちはすべてがネ’申の監督下にあり、ネ’申が最高の善の源であることを知っています。ノアの 7つの法を遵守する人々は、すぐにはるかに良い世界の一部となるでしょう。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page