top of page

ヴァイガシュ: 盗難に対する悔い改め。

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。

今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ヴァイガシュに関してです。


私たちのトーラー部分、ヴァイガシュ創世記 45:1-3 で、ヨセフは兄弟たちに自分の正体を明かします。彼は彼らの弟であり、彼らが何年も前にエジプトの奴隷として売った弟であり、その後エジプト総督の地位にまで上り詰めた人物だということをです。彼の兄弟たちはかつて彼に嫉妬し、何年も前に彼を奴隷として売り、彼が死んだと思っていました。 彼らは彼が権力の座にあることをそれとわかりませんでした。彼らは、異国の衣装を着て力ずくで連れ去られ、エジプトに売り飛ばされ、エジプトの役人として勤めている長い間行方不明だった兄弟を認識できませんでした。

ヨセフはかつて彼らの弟で奴隷でしたが、現在はエジプトの総督でした。ヨセフは兄弟たちの誠実さと末弟のベニヤミンに対する献身を試していました。彼は、自分を奴隷に売ったことに対する彼らの悔い改めを引き出すために、一連の劇的な策略を使いました!彼は兄弟たちが自分たちの罪、特に自分を売ったときに犯した盗みを悔い改めるのを見たいと思いました。これらが組み合わさって、彼の兄弟たちに驚くべき開示がもたらされました。彼らが会うことを最も予想していなかった人物が、今では権力の座に就いており、エジプト王の奴隷として兄弟が誘拐されるのを避けるために自らを犠牲にする意思があるかどうかを彼らに試していたのです。彼らはエジプトで起こることをいろいろ想定できても、これだけは想定できなかったでしょう!

窃盗はノアの戒律の一つであり、たとえどんなに小さな価値のものであっても禁じられています。これは土地にも当てはまります。ネ’申はイスラエルの土地をユダヤ人に与えたため、非ユダヤ人がこの聖地から土地を奪おうとするあらゆる試みは窃盗とみなされ、ノアの 7 つの法に禁止されています。

これが私たちの賢者の言葉の内的意味です。「人は同僚に指定された部分を決して取らない。」これは物質的な問題だけでなく、神聖な問題にも当てはまります。物質的な資産に包まれたネ’申の火花は、全宇宙でたった一人の人間によってのみ高められるよう定められています。すべての魂には、高める必要のある一定の神聖さを有しています。それは、その魂の性質により、その特定の魂に結びついています。

ネ’申は自然界の出来事を構造化し、誰でもその人が浄化すべき被造物の部分を高めることができるようにしています。その人に定められた火花を高めない限り、彼らは離散状態にとどまります。そして、人の魂につながった火花は離散状態にあるので、魂自体も離散状態にあります。 最後に、世界はモシアハの啓示の瀬戸際にあります。そのため、私たちは創造物全体を良い方向に変えるであろうその変革的な出来事に備えなければなりません。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。

【※】私たちの魂の核は創造主につながっています。その善を指向する魂にはその善性を発露する道具として、また、試練としてその善性を覆い隠す存在として物質的身体が与えられています。善を行わないでいてはネ’申につながる魂の善性は覆い隠された状態で、ネ’申から離れた「離散状態」と言えます。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page