top of page

ヴァエラ: 私たちには本当に自由意志があるのでしょうか?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ヴァエラに関してです。

ヴァエラ: 私たちには本当に自由意志があるのでしょうか?

あなたは、なぜ私たちが人の行動を賞賛したり非難したりするのか疑問に思ったことはありますか? なぜ私たちは善行に褒美を与え、悪行を罰するのでしょうか?答えは自由意志の概念にあります。自由意志とは、私たちが善悪を選択する力を持ち、私たちの選択が重要であることを意味します。自由意志がなければ、誰かに賞を与えたり罰したりしても意味がありません。たとえば、何か悪いことをしたロボットを罰することはありません。そうするようにプログラムされているからです。しかし、人間は違います。 私たちは自分自身で考え、推論し、決定することができます。私たちは善を行うか悪を行うかを選択でき、その選択の結果に対して責任があります。 だからこそ、私たちを導き、私たちに責任を問う、シナイ山で与えられたノアの 7つの法があるのです。

このトーラー箇所では、ネ’申がファラオに対してイスラエル人をエジプトでの奴隷状態から解放するよう要求するためにモーセを送った経緯について読みます。しかし、ファラオが同意するように見えるたびに、ネ’申は彼の心をかたくなにし、考えを変えさせました。 これが、ネ’申が最後の疫病を解き放ち、エジプト人の初子が全員死亡するまで、10回起こりました。 そこでファラオはついにイスラエル人を釈放しました。

しかし、ファラオがイスラエル人の解放を拒否したことを、ネ’申はどうしてファラオを罰することができるでしょうか?この物語のどこにファラオの自由意志があるのでしょうか?もし彼に選択の余地がなかったとしたら、どうやって彼は自分の行動に対して責任を負うことができるのでしょうか?

トーラーは、ファラオは以前にユダヤ人をあまりにも虐待したため、自由意志を剥奪されて当然であると述べています。彼はイスラエル人を抑圧して奴隷にし、慈悲を求める彼らの叫びを無視しました。彼は何度も自分の心を頑なにしてきたため、ネ’申は彼の選択を奪い、彼を厳しく罰することを決定しました。

ファラオの物語は、自由意志についての貴重な教訓を私たちに教えてくれます。これは、自由意志が ネ’申からの贈り物であるだけでなく、責任でもあることを示しています。それは、私たちの選択が自分自身と他人の両方に結果をもたらすことを示しています。それは、私たちが自由意志を賢明かつ道徳的に活用すべきであり、それを乱用したり失ったりしてはいけないことを示しています。それは、ネ’申が私たちに悪よりも善を選び、ネ’申の意志に従うことを望んでいることを示しています。この原則は、ノアの 7つの法の遵守にも適用されます。

ファラオは文明全体を統治する非常に強力な王でしたが、ネ’申の手から逃れることはできませんでした。ファラオの物語は今日の世界に関連しています。ユダヤ人に危害を加えたり、騙そうとするどんな支配者も、ファラオと同じようにネ’申からの報復にさらされるだろうと警告しているのです。それは、ネ’申が常に彼の選ばれた人々を見守り、彼らを敵から守ることを思い出させます。トーラーは、誰もユダヤ人を倒すことはできず、そうしようとする者はその邪悪な行為の結果に苦しむことを保証しています。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page