top of page

安全のための避難所:七つのノアの法

今週のトーラー箇所はノアの物語のくだり、パラシャット・ノアハです。


七つのノアの法は、不安な時に指針と安心を提供します。不安な時には、信仰と霊性に慰めを求めることが一般的です。七つのノアの法は、洪水の後にネ’申からノアに授けられたものです。これらの法は人類文明の基盤です。七つのノアの法は不安を明示的に扱うものではありませんが、意味のある充実した生活を送るための枠組みを提供できます。


これは、ネ’申が存在し、彼の(訳注:ネ’申がネ’申の所有するこの)世界を心配していると認めることを意味します。人間の命の尊重と殺人を避けること。すべての生き物の命を尊重し、動物に対する残忍行為を避けること。他人の財産を尊重し、窃盗を避けること。法廷を設立し、我々の世界に正義を確保すること。


これらの法に従うことで、信仰と神聖な意味を生活に培うことができ、不安を和らげるのに役立ちます。また、祈りや慈善などの霊的な行為はストレスを軽減し、内なる平和を促進するのに役立ちます。


最終的に、不安からの解放と安心を見つけることは個人の努力にかかっています。しかし、ノアの法はその旅の貴重な一部となり、困難な時期に霊的なサポートを提供します。ネ’申の摂理を信じることは最初のノアの戒律の一部 ―偶像崇拝をしないこと― です。世界には多くの悪が存在するにもかかわらず、ネ’申以外のものは何もありません。


ネ’申への信仰は戦争の時期に慰めと希望を提供できます。人々が逆境に立ち向かうのを助け、希望に満ちた視点を通じて出来事を再構築するよう奨励することで、つながりの感覚を育むことができます。さらに、私たちは平和と知恵があるよう祈る必要があり、それは王モシアハによる来るべき贖い出しで最高のレベルで見つかるでしょう。


*Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました




0件のコメント

最新記事

すべて表示

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・キ・ティサに関してです。 金の子牛の罪は、歴史上最も低い点の一つです。偶像崇拝はノアの第一の戒律で重大な罪です。しかしそれはすべて、大祭司アーロンが人々をなだめようとした善意から始まりました。アーロンはとても正義の人で尊敬されていました。彼は偶像崇拝の罪を止めようとします。彼は対立的なタイプでは

Comments


bottom of page