top of page

心の試練 - レフ・レハー

アブラハムの人生は一連の試練でしたが、彼はそのすべてに合格しました。tractate Avot(訳注:タルムードの一部)には、「私たちの父アブラハムは10回の試練を受けた」と述べられています。これらの試練は、人々が不可能を達成し、通常の性質を超えた何かに成長する機会を提供します。


アブラハムはこの試練により、自分の性格や特質の制約を打ち破り、可能と全く思っていなかった存在になることができました。 彼の物語は私たち一人ひとりの物語を表しています。この世界のあらゆる瞬間はネ’申に対する人の信仰を示すという魂の試練です。この試練は、ネ’申への接続がどの程度強いかを確認するように設計されています。ノアの7つの法を守ることで、この世界の霊的な暗闇を光に変えるという大きな課題に直面するとき、魂は魂自身に対しての真実にとどまるのです。


同じルールがノアの子らとユダヤ人の人生の両方に当てはまります。 世界レベルで危機的状況が発生するということは、世界に善と神聖な光を加える必要があることを意味します。イスラエルの地は、世界の創造主によってユダヤ人にのみ与えられました。 非ユダヤ人がこれに異議を唱えたり、聖地の領土を武力で占領しようとする試みは、強盗と殺人の禁止というノアの子らの戒律に違反することになります。


これは強力な教訓です。私たちが困難に直面したとき、私たちは ネ’申の存在を思い出さなければなりません。また、ネ’申は私たちがノアの 7 つの法に従って行動することでそれらを克服することを期待しているということを覚えておく必要があります。そうすれば、困難はなくなり、これらの価値観が世界的に受け入れられるようになると、モシアハの啓示への扉が開かれます。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page