top of page

最初の紛争の起源

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は、シムハット・トーラー後のパラシャ―、創世記の最初のパラシャ―、パラシャット・ベレシットに関してです。テロに対してノアの子らが断固とした姿勢を示さねばならないことが説かれています。


最初の紛争の起源


私たちのトーラーの部分である創世記には、人間の存在に関する最も重要なネ’申の法が記載されています。「そして、主、ネ’申は人に命じてこう言った、園のすべての木を食べてもよい」(創世記2:16) この聖句はノアの 7 つの命令のうち 6 つの基礎となっており、これらの法の要約が含まれています。これらはエデンの園でアダムに与えられた戒律です。

天体や偶像を崇拝することの拒否。


ネ’申の名を呪ったり冒涜したりすることの禁止。


司法裁判所の設置。


殺すなかれ: これは人命の神聖さを強調し、殺人を禁止するノアの法と一致しています。


道徳を維持すること。男女間の結婚の神聖さを固守する。


盗むなかれ。


10世代後、生きた動物の手足を食べてはいけないという第7の掟がノアに与えられました。


世界が誕生してわずか数日の、トーラーのこのまさに最初の部分では、アベルが自分の兄弟であるカインによって殺害されたことが書かれています。アベルは羊飼い、カインは農夫でした。カインは収穫物からネ’申に捧げ物をし、アベルは初子の羊から捧げ物をしました。ネ’申はアベルの捧げ物は受け入れましたが、カインの捧げ物は受け入れませんでした。カインは動揺しました。そして突然、カインは野原でアベルに会い、嫉妬から彼を殺しました。

この殺人行為は、全人類を拘束するノアの七法の中心的教義である他人の命を奪うことを禁止する道徳原則への明らかな違反です。

この物語は古いものではありますが、依然として現実であり、その教訓は現代生活のさまざまな側面で人々の共感を呼び続け、人間の命の神聖さなどの価値観の不変の重要性を私たちに思い出させます。現代世界においても、人命の尊重と暴力の拒否は引き続き重要な原則です。暴力と戦争に関連した問題は、世界的な文脈におけるノアの 7 法の継続的な重要性を浮き彫りにしています。


この物語は正義と責任の重要性を示しています。アベルを殺害した後、カインはその行為の責任を問われ、罰せられました。現代社会では、正義の原則と犯罪に対する責任は公正な社会の基礎であり、人道に対する犯罪が起きている間、傍観することはできません。学ばれる教訓の 1 つは、世界の国々は傍観しているべきではなく、行動を起こし、恐ろしいテロ行為を非難しなければならないということです。これは、シナイ山で ネ’申 によって与えられた 7 つのノアの法に基づく彼ら(訳注:ノアの子ら)の義務です。


モシアハの魂は、存在する最初のものの一つであり、最も崇高なものです。その創造は、創造の他のすべての側面に先立って行われました。私たちの賢者が言うように、創世記の第 2 節で「そして地は虚無で、ネ’申 の霊が水面の上に浮かんでいました。」「ネ’申 の霊、これはモシアハの魂です。」 私たちは王モシアハが明らかにされるのを待っています。完全な贖い出しがあって初めて、すべての被造物が高められ、永遠の正義で平和な世界が見出されます。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page