top of page

理解を超えた試練

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回はパラシャット・ヴァイェラに関してです。

なぜ私たちはアブラハムがイサク奉献の試練に合格したことを称賛するのでしょうか。イサクはネ’申の意志のために命を捧げる覚悟ができた人でした。アブラハムやイサクのような崇高な魂にとって、ネ’申の命令を遂行するために命を捧げることは大きな試練ではありませんでした。アブラハムにとって大きな試練は、ネ’申の道を比較考量しないことでした。


アブラハムは、人生の長い年月をかけて、理由のはしごを築き上げてきました。彼は懐疑論者であり、彼から見て理にかなうことによって駆動される人でした。彼の鋭い独立した知性により、彼は知性を超えた単一のネ’申が存在すると結論付けました。 そして彼は恐れることなく全世界に宣言したのです。そしてネ’申は彼からこの合理主義を取り除きました。彼の息子であるイサクが彼の後継者になると彼に約束した同じネ’申が、彼に命じました、「あなたの息子、あなたの一人息子、あなたの愛する者、イサクを連れて、これからあなたに見せる山の一つで彼を捧げ物として挙げなさい 。」


ここには理由や理解力は存在しません。あなたがこの時点でアブラハムに「これはどういう意味ですか?どうすれば解決できるでしょうか?」 と尋ねたとしたら、彼には答えを持たなかったでしょう。答えが存在しなかったからです。論理も理由もありません。 だからこそ、アブラハムがついにイサクを犠牲の捧げものにするという試練に到達したとき、この挑戦はすべて消え去ったのです。


ユダヤ民族と全世界は今、大きな試練を経験しています。王国たちが互いにからかいあっています。ゾハルは、贖い出しが近づくと試練があると言います。アブラハムと同様に、何も正しく見えないとき、何も理解できないとき、しかしトーラに従って私たちがやらなければならないことをしっかり立って行うとき、我々はイスラエルの地をユダヤ人に与えたネ’申の意志を実現し、ためらうことなく、そしてユダヤ人だけに帰属する聖地から土地の一片も渡さずに堅く立つのです。トーラーは、最終的にはネ’申だけが与えることができる勝利を見ることを約束しています。試練は消えます!起こっていることはすべて、モシアハと贖い出しに向けた進展の一部なのです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page