top of page

神殿時代のノアの子らの存在

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。


いくつかの資料は、エルサレムの神殿時代にノアの七つの法を遵守した非ユダヤ人の存在を明らかにしています。ゲル・トシャブと呼ばれるこれらの人々は、ユダヤ人コミュニティと平和に暮らし、これらの7つの普遍的な原則を守りました。


ゲル・トシャブという用語は、ダビデ王がエルサレムの神殿の丘をエブス人アラウナから購入したという話によって確立されました(サムエル記下24章)。さらに、バビロニア・タルムード(Avoda Zara 24b)で、ラビ・ナフマンはアラウナをゲル・トシャブと特定しています。これは、アラウナがダビデ王の治世中にイスラエルの地に住んでいた間、ノアの七つの法則を遵守していたことを意味します。


別の例はSanhedrin 96aで、タルムードはアラム軍の指揮官ナアマンをゲル・トシャブとしています。タルムードは、彼がノアの七つの法を守っていたことを強調しています。ナアマンの高い地位は、神殿時代の著名な非ユダヤ人がこれらの普遍的な倫理原則を受け入れ、実践していたことを示しています。


当時のノアの子らの数はわかりませんが、ナアマンやアラウナのような尊敬される高位のノアの子らの存在は、他の人々も彼らの道をたどった可能性が高いことを示唆しています。聖書とタルムードの両方からのこれらの言及は、神殿時代にイスラエルの地に住み、ノアの七つの法を守っていたノアの子ら、特にゲル・トシャブの存在を証明しています。


私たちの世代は贖いの世代になると約束されているので、まもなく多くの国々がエルサレムの第三の聖なる神殿を見ることになるでしょう。イザヤ書 56:7 に「わたしの家は、すべての国々の祈りの家と呼ばれる」と記されています。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。


0件のコメント

Commentaires


bottom of page