top of page

私たちの人生はいつになったら喜びに満ちたものになるのでしょうか?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。


私たちの人生はいつになったら喜びに満ちたものになるのでしょうか?


歴史を通じて、人類は喜びを追求してきました。エデンの園では、アダムとイブは心配や困難とは無縁で、平和と霊的啓発の中で暮らしていました。しかし彼らは満足せず、禁断の果実の誘惑に負けてしまいました。イブの欲望は果物そのものにむかったものではなく、個人としての感覚にむかったものでした。このエゴの追求は、人類が急速に衰退し、道徳的腐敗が広がり、地球に洪水が起こるという悲惨な結果をもたらしました。


箱舟を出ると、ノアは農夫となり、ブドウ畑を作りました。 彼はワインを飲んで酔ってしまいました。ノアの意図は、酩酊によって自意識を停止させることで知識の木の罪の霊的影響を正し、それが彼に喜びをもたらすことを期待することでした。しかし、彼はすぐに、アルコールによって自意識から逃れることでは真の喜びは得られないことに気づきました。


サラは、イブとノアの否定的な行動を正し、真に喜ばしい人生を初めて経験しました。 彼女は、喜びは自己経験から得られるものではなく、ノアがアルコールでやろうとしたように、自己認識から逃れることによっても得られるものではないことを理解していました。 サラは、ネ’申とつながることで、より大きなものに自分自身を捧げることで喜びが得られることに気づきました。


サラは息子を出産したとき、「喜び」と「笑い」を意味するイサクと名付けました。 イサクはメシアの時代、つまり私たちの人生が終わりのない喜び、つまりモシアハの王国とともにネ’申に仕える喜びで満たされる時代を表しています。エゴを乗り越えるためには、より大きな使命の一部となることで自分自身を超越する必要があります。この使命は、ネ’申に奉仕し、彼の7つのノアの法を遵守することで世界を改善することです。それによって悪は根絶され、贖い出しがもたらされるのです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page