top of page

自然界に奇跡は起こるのか?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。


イスラエル領土にロケット弾が何度も撃ち込まれていますが、幸いなことに負傷者はほとんどいません。一方、イスラエルの敵は、これらのロケット弾により多大な損害を被っています。これらは間違いなく、イスラエルの地に対する天の見守りの程度を示す奇跡です。トーラー (申命記 11:25) は、ネ’申が奇跡的にイスラエルの土地を守ると主張しています。


自然の奇跡は超自然の奇跡よりも優れています。なぜなら、自然の奇跡はより高い霊的基盤を持ち、自然と奇跡という一見相容れないものを結びつける創造主の力に由来しているからです。 ブネイ・ノアハ(訳注:ノアの子ら)の第一の戒律は、世界の創造者はひとつであり、私たち一人一人を世話し、トーラーに定められた約束を果たしていると認識することです。


私たちをネ’申の監督が取り囲んでいることを認識することは、ノアの子らに与えられた戒律の一部であり、これによって、七つの戒律を守る者に対するネ’申の約束の成就に対する私たちの信仰を強めることができます。イスラエルの地はネ’申の摂理によって永久に見守られているため、地球上で最も安全な場所です。 したがって、私たちがネ’申の手を見、選ばれた人々と地球上で最も邪悪な勢力との間の戦争で大きな勝利が得られるのを見るのはただ時間の問題です。


私たちの賢者たちは、地球規模で戦争が起きているのを見ると、それはモシアハが明らかになろうとしている兆候であると言います。 それは次のようにもたらされます(詩篇2:1):「なぜ国々は集まり、なぜ王国たちは無駄なことを考えるのか?国の王たちは立ち上がって、主(訳注:ネ’申)とそのモシアハに対抗して一緒になって相談しているのか?」 これらすべては、世界の悪が排除され、世代を超えて最も非合理的な反ユダヤ主義者であるアマレクとの最後の戦いが彼の完全な破壊によって終わるという、私たちが最終的な贖い出しの間際にあるという明らかな兆候です。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しました。



0件のコメント

Comments


bottom of page