top of page

7つの普遍的な戒律と自由な選択

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回はパラシャット・エモールです。


ネ’申は存在するすべてのものを創造したため、ネ’申は存在のあらゆるカテゴリーやいかなる説明も超越しています。「無限」や「永遠」といった言葉でさえ、ネ’申を真に定義するのには役立ちません。ネ’申はすべてのカテゴリーと論理的規則を創造したため、これらの規則の限界や、「無限」または「永遠」でいることをを超えています。ネ’申は無限の一体性にもかかわらず、創造された人間が常にネ’申の存在に気づいてはいない下位世界に居場所を持つことを望みました。


人間が真に自由な選択をし、試練に打ち勝つことができるようにするために、ネ’申に敵対する世界を創造するために、ネ’申は、特に「空虚」として指定された現実の領域からネ’申の「存在」、つまりネ’申に対する意識を取り除く必要がありました。 これにより、特に物理的な行為の世界において、神聖な意識がない領域が生み出されました。


このネ’申の存在の隠蔽または除去は一時的なものにすぎません。ネ’申は自由な選択という目的と、有限と無限が融合する居場所を持つという自身の意志を完成させるために、このように創造したのです。私たちの世界にネ’申の光が明白であれば、自由な選択の余地はないところ、戒律を守る人が莫大な報酬を得ることができるように選択があるようにということが意図されていました。この隠蔽は創造の完全な状態への一歩にすぎません。


メシアの時代、特に死者の復活の時には、この隠蔽は解消され、完全な創造のビジョンが損なわれることはありません。ノアの七つの戒律を履行することは、確かに、この修正され洗練された世界のビジョンを加速させることができるでしょう。


私たちの世代には、真実を隠すスクリーンを取り除くメリットを持ち、贖い出しに向けた重要な一歩としてノアの七戒を履行するという神聖な真実があることを自分自身と他の人の中に明らかにするのです。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

Comments


bottom of page