About us

 ハバッド京都は、そして京都で最初で唯一のシナゴーグです。シナゴーグとはユダヤ教の会堂を指し、一千年以上前から現在に至るまで、単に礼拝だけでなく教育や集会の場として、世界中に散在するユダヤ人の社会的、宗教的生活の中心となっています。

 ハバッド京都は、ハバッドハウス・オブ・ジャパン代表で、日本の首席ラビであるラビ・ビンヨミン・Y・エデリーにより2016年に設立されました(ラビ・ビンヨミンの現在監督するハバッド東京はこちら https://www.chabadjapan.org/)。以来、ユダヤ系の人々のみならず、京都とその周辺の皆様を誰でも暖かく歓迎し、精神的癒しの場として、人々が和気藹々と集う場として、またユダヤ教の生きた叡智を伝える場として活動してまいりました。現在は、ラビ・モルデハイ・グルマフがラビ・ビンヨミンと連携を取りつつ運営しています。

 またユダヤ教の安息日である毎週金曜から土曜にかけてのシャバットや、その他の祝日を過ごす祝いの食事や祈りサポートを、そして英語やヘブライ語でのユダヤ教の学びの場を提供しております。日本人で通訳できるスタッフも手配可能です。​​

 日本を旅で訪れた方、日本に暮らしている方を問わず、どなたであっても気軽にこの場所を訪れていただき、ユダヤ教の確かな伝統に基づいた教えとユダヤの戒律に基づいた食事(コーシャフード)に触れていただきたいと考えております。訪問者の皆さまから、ハバッド京都は西日本、関西の地における精神的、霊的な避難所であるとご評価いただいております。

ハバッドについてはこちら https://bit.ly/2THCBJv

ハバッドハウス・オブ・ジャパンについてはこちら https://bit.ly/3xxAUxf

משופץ.jpg

​ラビ・モティ・グルマハ一家 @哲学の道