top of page

ヴァイェヒ - 本当の人生を生きる/永遠の命は可能か?

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・ヴァイェヒに関して記事に2本を一気にお届けします。


ヴァイェヒ - 本当の人生を生きる

このトーラー購読は、ヤコブの死について論じているにもかかわらず、「ヴァイェヒ」または「そして彼は生きた」というタイトルになっています。 ヤコブの人生は、物理的領域を超えた ネ’申とのつながりによって特徴づけられました。この特徴は彼の子孫に共有され、彼の地上での生涯が終わった後も続きました。私たちの賢者たちは次のように述べています。「私たちの先祖であるヤコブは死ななかった。彼の子孫が生きている限り、彼は生きています。」この考えは、いつでもトーラーを学ぶすべての人に当てはまります。偶像礼拝に満ちたエジプトで何年も過ごしたにもかかわらず、それはヤコブの人生の中で最高の時期でした。これは、ヤコブがエジプトにトーラー学習センターを設立するためにユダを先に派遣し、彼とその子孫がエジプトの偶像崇拝的で不道徳な社会の悪影響から確実に守られるようにしていたからでした。

ヤコブの最良の時期がエジプトで過ごした時期であるのはこのためです。エジプトでのみ、彼の子供たちが彼の道徳的指導を完全に吸収しているのを確認できたからです。彼は、ネ’申の使命が救いの世代まで続くことを知っていました。

同様に、私たちはしばしば、あらゆる種類の個人的な制限のなかにあり、霊的な暗闇の場所である「エジプト」にいることに気づきます。ヤコブのように、トーラー、特に全人類のためのノアの 7つの法を学ぶことによって、私たちはこの世界の境界と制限を意味する「エジプト」の暗闇から身を守り、どこにいても神性を明らかにするのです。

一年のうちでこの時期には偶像崇拝に対するこの警戒を強めなければなりません。西側諸国の多くの店では、偶像崇拝に関連した商品が販売されています。これには、彫像や図像などの物理的オブジェクトが含まれますが、どちらも購入が禁止されています。人間は、ネ’申の代わりに生き物や被造物を称えるときはいつでも、偶像崇拝を行っています。ノアの子らが両親から受け継いだ彫像や図像は家から撤去するか、損傷させて一部を除去することで無効化されるべきです。

すべての無限の創造主であるネ’申の統一性を感じることができるようになる方法は、トーラーに由来する 7 つのノアの法を学ぶことです。これが、私たちにネ’申を愛し、ネ’申の 7つの永遠の戒律を遵守することによってネ’申に固く従うよう促すからです。


ヴァイェヒ: 永遠の命は可能か?

タルムードの賢者たちは次のように述べています。「ヤアコブ・アヴィヌ(我らが父ヤコブ)は死ななかった。むしろ彼は永遠に生きたのです。」 (Taanit 5a) この出典は、ヤコブと彼の子孫との関係を確立しています。「彼の子孫が生きているように、彼も生きているのです。」さらに、ヤコブは死ななかったという言明は、シンプルに彼の肉体が死ななかったという文字通りの意味で解釈されることを意図していました。主導的な解説者であるラシは、ヤコブが防腐処理されたのは「彼らは彼が死んだものと思っていたから」であると述べています。そしてその後、「彼らには彼が死んだように見えたが、彼は生きていた」と彼は書いています。このことから、ラシが「ヤアコブ・アヴィヌは死ななかった」という発言を、最も文字通りの意味で解釈し、「彼は死ななかった、むしろ永遠に生きている」と書いているように、彼の体は死ななかったことが明らかです。

自然法則によれば、死は明白な現実です。なぜなら、変化にさらされた、限定された存在である被造物が永遠の活力を持って存在することは不可能だからです。しかし、ヤアコブ・アヴィヌは死にませんでした。「ヤアコブ・アヴィヌは死ななかった。」トーラーは自然の限界に限定されていないだけでなく、その領域を完全に超えています。ヤコブは「父祖たちのうちの選ばれた者」であり、そのため、彼の存在全体がトーラーでした。以下のように書かれています:したがって、自然の秩序がトーラー自体を制限しないのと同じように、自然の秩序はヤコブを制限することもできません。同じことが、ネ’申が全人類に与えた命令を遵守する者にも当てはまります。 マイモニデス、別名ラムバムは、ユダヤ人も非ユダヤ人も自信に課せられた戒律を守ることによって永遠の命を得ることができると述べています。ユダヤ人の場合は613の戒律を遵守することにより、ノアの子らの場合はノアの7つの法を遵守することによります。

これは、私たちを究極的かつ真の贖い出しにおける死者の復活の概念に導きます。永遠の肉体的存在の概念は主にヤコブに関連付けられていますが、それはすべてのユダヤ人やノアの子らにも適用でき、彼らの肉体さえも永遠の活力を持ちます。

この文脈では、「来たるべき世界」は復活の時代を意味します。これは、死ななかったヤアコブ・アヴィヌからの遺産として受け継がれています。ヤコブは「三人の父祖から選ばれた」、それもネ’申自身によってなので、特に関連性があります。3番目の聖なる神殿は、3番目の父祖であったヤコブと対応しています。これはまもなく完全な贖い出しにおいて起こります。

【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。また、英語で言うRedemptionを「贖い出し」と訳しています。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page