top of page

ノアの子らのための結婚の法を勉強する

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は、結婚に関してです。


「人が一人でいるのは良くない。私が彼にふさわしい助け手を作ってあげよう。」 (創世記 2:18)この聖句はネ’申によって語られており、生涯にわたる夫婦のパートナーシップの必要性を強調しています。この節は創世記の創造の物語の一部であり、人類の起源と最初の人間であるアダムの創造を説明しています。この節は、ネ’申の人類に対するデザインを反映しており、ネ’申によって創造された男性と女性の間のつながりと関係に関したものです。これはノアの法において重要なテーマです。


西洋社会のさまざまな傾向により、結婚という制度が何らかの圧力を受けていることは間違いありません。これは、結婚に関連することが多い伝統的な核家族モデルに疑問を投げかけています。しかし、それにもかかわらず、伝統的な結婚の概念が強化されていることがわかります。ひとり親家庭や同性カップルのいる家族など、非伝統的な家族構造は不安定であることが証明されており、最も重要なことに、それらはノアの7つの法という点でネ’申の命令に反しています。


これは、夫婦の適切な行動の基礎としてのノアの法の重要性を強化することから始まるかもしれません。これらの原則を大切にするパートナーを探すことが、強力で永続的な結婚生活に貢献できることを強調するでしょう。家族とコミュニティはノアの子らとしての関係において重要な役割を果たします。個人またはコミュニティのリーダーは、潜在的な課題に対処し、期待を調整し、結婚への強固な基盤を確立するために、結婚前のカウンセリングや教育の重要性について学ぶ必要があります。


この結婚の問題は現代のノアの子らにどのように当てはまるでしょうか?

姦淫の禁止は、道徳的行動の維持という、より広い範疇に該当するため、ノアの7つの法の1つとみなされます。したがって、ノアの子らは、ノアの法の一部として、この問題のすべての詳細を研究し、認識することが期待されています。

これらの姦淫の禁止とそれに伴う厳しい罰則は、結婚の神聖さと家族内の貞節を維持することの重要性を浮き彫りにしています。トーラーは道徳的行動に強く重点を置いており、これらの法は、ノアの7つの戒律で表現されているネ’申に従って義にかなった生活を送るための指針となることを目的としています。


【※】本和訳は誠実に和訳しましたが、日本語を読むことができ、戒律を守る生活をしている敬虔なユダヤ人から承認を受けた訳ではありません。その点はご了承ください。

【※】英語で言うところのG-dを他の神から区別するために「ネ’申」と訳しました。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・キ・ティサに関してです。 金の子牛の罪は、歴史上最も低い点の一つです。偶像崇拝はノアの第一の戒律で重大な罪です。しかしそれはすべて、大祭司アーロンが人々をなだめようとした善意から始まりました。アーロンはとても正義の人で尊敬されていました。彼は偶像崇拝の罪を止めようとします。彼は対立的なタイプでは

Comments


bottom of page