top of page

ハヌカのお祭りで京ろうそくがイスラエル大使館に灯りました

ヤッファ・ベンアリ大使と一緒にイスラエル大使館でハヌカの8日目のメノラを灯す式を行いました。

ラビ・モティ・グロマフがハバッドハウス・オブ・ジャパンと日本人の間の友情関係と、互いにどう支え合うかについて語りました。

ハヌカの式で灯した素敵な蝋燭は京都産の手作りです。300年に渡って代々伝わっていたやり方で、自然なものから作られた蝋燭です。京都の他にない技術を称えるためにこの機会を設けました。鷲尾外務副大臣と中山防衛副大臣が式に参加されて、京都のハバッドハウスの活動と地元の人との温かい関係に共感してくださいました。





0件のコメント

最新記事

すべて表示

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・キ・ティサに関してです。 金の子牛の罪は、歴史上最も低い点の一つです。偶像崇拝はノアの第一の戒律で重大な罪です。しかしそれはすべて、大祭司アーロンが人々をなだめようとした善意から始まりました。アーロンはとても正義の人で尊敬されていました。彼は偶像崇拝の罪を止めようとします。彼は対立的なタイプでは

Comments


bottom of page