top of page

京都のプリム祭 - ピエロの一家…

プリムの夜に、翌日のためにピエロの仮装をし、季節の雰囲気を楽しみました。


そして日中は、「贖い出しを見る」目をモチーフにした仮装をし、贖い出しの時に私たちや世界に起こるすべてのことを見ることができるようにという願いを込めました。


なんとすばらしいことでしょうか。創造主が私たちを真の完全な贖い出しに導いてくださいますように。







0件のコメント

最新記事

すべて表示

キ・ティサ:暴力集団に対しては宥和政策は機能しない

Rabbi Bernstein Mosheの記事翻訳シリーズです。今回は今週のパラシャ―、パラシャット・キ・ティサに関してです。 金の子牛の罪は、歴史上最も低い点の一つです。偶像崇拝はノアの第一の戒律で重大な罪です。しかしそれはすべて、大祭司アーロンが人々をなだめようとした善意から始まりました。アーロンはとても正義の人で尊敬されていました。彼は偶像崇拝の罪を止めようとします。彼は対立的なタイプでは

Kommentare


bottom of page